UTN/AddTrust ルートに依存します。

Comodoは信頼されたルートを所有していません。その結果Comodoは、その証明書がポピュラーなブラウザーによって信頼されるために、UTN/AddTrust・チェイニング・プログラムを使用しています。 UTN/AddTrust SSL証明書を出すために使用される UTN/AddTrust・ルート証明書もComodo証明書を出すために使用されます。

ComodoはUTN/AddTrustチェイニング・プログラムに交換する前にBetrustedチェイニング・プログラムを使用していました。また、その前は GlobalSign チェイニング・プログラムを使用していました。別の一時的・疑似CAのXRampはGlobalSignチェイニング・プログラムを使用しています。 Comodoで証明書を更新する時に、今までの証明書が Betrustedチェイニング・プログラムを使用していた場合、証明書を購入したComodo顧客は、UTN/AddTrustにつながれたルート証明書を持ったサーバーに更新する必要があるでしょう。それが信頼されたルート証明書を持っていないとともに、これはComodoを一時的な疑似のCAにします。信頼されたCA はすべてこの基本的な長所を保持しています。

CAを選択するとき、SSLreviewのCredibility & Stabilityで議論されるように、常にCAの技術的な安定性(ルート所有権)、金融安定性および互換性を考慮してください。